東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 東京 > 記事一覧 > 11月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【東京】

広がれ「子ども宅食」の輪 経済困窮家庭へ文京区配送開始

食品の発送準備をするボランティアたち=文京区役所で

写真

 文京区などが「ふるさと納税」を財源に、経済的に困窮する子育て世帯に食料を無料で宅配する「こども宅食プロジェクト」の配送作業が行われている。本年度は二カ月に一度、百五十世帯にコメや菓子、飲料などを配る。宅配ドライバーが家庭の異変に気付いた場合、区に連絡する仕組みも整えている。

 宅配の希望が想定の三倍以上の四百五十八世帯から寄せられたため、抽選となった。区などは、準備が整えば抽選で漏れた家庭にも届けることを検討している。

 プロジェクトは、区が子育て支援に取り組むNPO法人「フローレンス」などと連携。財源のふるさと納税は返礼品を用意せず、全額を事業運営に充てる。十二月までの目標だった二千万円を上回る三千万円超が集まった。

 先月の準備作業では、ボランティア二十人が、企業などから寄付された食品を分類し、一世帯十キロにまとめた。参加した品川区の会社員池田三和子さん(52)は「苦しくても言い出しにくい人がいると思う。長く続け、全国的にも関心が広まれば」と期待を寄せた。

 宅食の申し込みは、八割近くが無料通信アプリ「LINE(ライン)」を使っていた。手続きは区が送った書類に同封したチラシのQRコードを、スマートフォンなどで読み取り、必要事項を入力するだけ。

 フローレンスの担当者は、手続きが簡単で、周りの目を気にせずに利用できるのが画期的だとPR。個人情報を持つ行政と、事業のノウハウを持つ民間がタッグを組むことで、必要な支援を必要な人に届けやすくなった−と説明する。 (中村真暁)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報