東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 東京 > 記事一覧 > 11月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【東京】

カスリーン台風70年 「川と暮らし」考える 台東でシンポ

写真

 「カスリーン台風七十年シンポジウム〜未来の川・地域づくりへのメッセージ」(国土交通省関東地方整備局などの実行委主催、東京新聞など共催)が二十五日、東京国立博物館平成館大講堂(台東区)で開かれた。

 川の恵みを享受しながら、安心して暮らせる社会を築くための「利根川・荒川流域宣言2017」を発表。基調講演やパネルディスカッションを通して、一九四七年のカスリーン台風の被害状況や、水害に備え、命を守るために必要なことなどを話し合った。

 参加した葛飾区の西川益弘さん(52)は「当時の詳しい状況を知ることができた。災害時に、どういう経路で逃げるのかなどを考える良いきっかけになった」と話していた。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報