東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 東京 > 記事一覧 > 12月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【東京】

多摩丘陵で名山見よう エリア色分け「可視マップ」作成

多摩ニュータウンから望む山並みを説明する田代さん=八王子市で

写真

 多摩市や八王子市などに広がる多摩丘陵で、富士山や南アルプスといった名山を遠望できるエリアを色分けした「可視マップ」を、横浜市旭区の田代博さん(67)が作成した。「山岳展望を多摩丘陵の観光の売りにしてみては」と提案する。 (栗原淳)

 高校で地理を教えていた田代さんは、富士山頂に太陽が重なった瞬間の「ダイヤモンド富士」の撮影の第一人者。三十年ほど前から、富士山を遠望する限界地の確定にも取り組んでおり、現在は一般財団法人日本地図センター(目黒区)の相談役を務める。

 可視マップは、多摩市で十一月に開催された「地図展」の講演で発表した。富士山をはじめ、日光の男体(なんたい)山(二、四八六メートル)、茨城県の筑波山(八七七メートル)など六峰について、それぞれ作成したという。

 作成には山岳展望解析ソフトを使ったため、建物や樹木などは考慮に入れていないが、講演の準備で多摩丘陵の展望スポットを重点的に歩いた。「多摩よこやまの道 丘の上広場」(多摩市諏訪六)からは、思いがけず尾瀬の至仏(しぶつ)山(二、二二八メートル)や、栃木県日光市と群馬県沼田市にまたがる皇海(すかい)山(二、一四四メートル)など、「関東北山(きたやま)」と呼ばれる北関東の人気の山が見えた。多摩・稲城市境の「坂浜聖ケ丘橋」からは三千メートル峰の南ア・塩見岳(静岡市など)の白いピークを撮影できた。

田代さんが作成した男体山の可視マップ

写真

 これらの山々は、都心では高層の建物からでないと見るのは難しい。「丘陵で視点が高いこと、大気の汚れが少ないことなど条件がそろっている。緑地を歩きながら眺められるのも魅力」と、観光資源として生かすことを勧める。

 山並みを説明する展望板には、劣化して判読できなかったり、作成主が記されていなかったりと不備も目立った。「展望板をいつ、誰が作成したのかは最低限明記すべきです」と話し、標高や英語表記を添えるなどの工夫も必要と指摘する。同センターは展望板設置の相談も受け付けている。マップや山名などの問い合わせは田代さんのメール=tashiro.fujisan@gmail.com=へ。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報