東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 東京 > 記事一覧 > 12月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【東京】

多彩な新宿、若者に発信 あす区が「つどい」

杉山文野さん

写真

 新宿の多彩な魅力を若者に知ってもらおうと、新宿区は九日、「若者のつどい」を新宿文化センター(同区新宿六)で開く。「夏目漱石と新宿」「新宿二丁目・新宿ゴールデン街」などをテーマに、区ゆかりの著名人らによるトークショーなどがある。入場無料。

 区内に住む二十〜三十代は単身者が多く、地域とのつながりが希薄になりがちなため、区が開いて今年で七回目。「新宿の魅力」がテーマのトークショーは、元フェンシング女子日本代表で性同一性障害の杉山文野さんと、リオデジャネイロ五輪競泳男子四百メートルリレー代表の古賀淳也さんが語り合う。

古賀淳也さん

写真

 「夏目漱石と新宿」では、九月にオープンした区立漱石山房記念館の鈴木靖館長とアーティストのヴィヴィアン佐藤さん、アニメ「鋼の錬金術師」の声優柴田秀勝さんが登壇する。

 新宿ゆかりのアイドル九組のライブや、仕事のモチベーションや自らの印象をアップする「ビジネスセミナー」、地場産業の染色の技法「絞り染め」体験などもある。午後一時〜同四時四十五分。問い合わせは区男女共同参画課=電03(3341)0801=へ。 (増井のぞみ)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報