東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 東京 > 記事一覧 > 12月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【東京】

<東京人>聖地を歩く 今の初詣は明治から

毎年、多くの初詣客が訪れる明治神宮

写真

 ふだん神社に縁がなくても、大みそかには零時のカウントダウンを待って初詣に行くという人は多いもの。このように早朝に初詣に行く習慣は、実はそう古いものではありません。

 昔、一日は日の沈んだ夜から始まり、日没前に終わるとされ、新年も大みそかの夜から既に始まると考えられていました。江戸時代までは、家長が大みそかの夜に近所の氏神に詣で、朝まで神社にこもる「年ごもり」を初詣と呼びました。

 一日の始まりが早朝とされると、大みそかの「除夜詣」と、年が明けてからの「元日詣」が行われるようになり、明治中期には年明けの参拝だけを初詣と呼び、氏神や恵方の神だけでなく遠方の神社にまで出向く習慣が定着しました。

 ただ、絶えて久しい大みそかの年ごもりにも重要な意味があったようです。

 大みそかは「大はらい」の日でもあり、神社では心身にたまった穢(けが)れをはらう行事が行われます。この穢れとは「気枯(けが)れ」、つまり一年の経過で生命力が枯れた状態のことで、これをこもりによって回復し、新しい自分に生まれ変われると考えられたのです。こもりとは、いわば「死と再生」の儀式だったのかもしれません。そうした思想の名残か、大みそかの夜は夜通し起きているほうが良い、という話も聞きます。

 いずれにしても大みそかは、夜更かしすることが多いもの。できれば一年を静かに顧み、心をまっさらにして初詣に行きたいものです。 (久能木紀子)

   ◇

 「都市を味わい、都市を批評し、都市を創る」をキャッチコピーに掲げる月刊誌「東京人」の編集部から、原則毎週日曜日に都内各地の情報をお届けします。

 詳しくは、「ご利益神社おすすめ15選 久能木紀子」で。

 【1月号主な内容】江戸の「聖」と「俗」 竹内誠▽座談会『聖地』は、どう生まれ、どう広がっていくか 泉麻人×加門七海×岡本亮輔▽アニメと巡礼 北村弥生▽鉄道と社寺参詣 平山昇▽物欲は「聖地」に宿る 辛酸なめ子

 問い合わせは、「東京人」編集部=電03(3237)1790(平日)=へ。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報