東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 東京 > 記事一覧 > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【東京】

ロボットと遊ぼうよ 多摩六都科学館であすまで催し

写真

 子どもたちがさまざまなロボットと遊べる特別イベント「ロクトロボットパーク」が、西東京市の多摩六都科学館で開かれている。八日まで。

 今回で七度目で、毎年約二万人が訪れている。人気を集めているのは同館所蔵のロボット「ミスタースパーク」のショー。一九六〇年代に故相沢次郎さんが製作した高さ百八十センチのヒト型ロボットで、目を光らせながら立ち上がり、耳を動かす。動きだすと子どもたちから「わー」と歓声が上がった。

 会場には、バスケットボールを両手でシュートする二足歩行ロボットや、パンチを繰り出して相手を倒すバトルロボットなどのコーナーも。子どもたちは実際にロボットを操作し、精密な動きを楽しんだ。

 企画したロボットプロデューサー岡本正行さんは「子どもたちがロボットや科学に興味を持ってもらえれば」と話していた。

 入館料は大人五百円、小人(四歳〜高校生)二百円。問い合わせは同館=電042(469)6100=へ。 (鈴木貴彦)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報