東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 東京 > 記事一覧 > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【東京】

新成人 見つめる先は

 成人の日の八日、都内各地で成人式が開かれ、華やかな晴れ着や真新しいスーツに身を包んだ新成人らが人生の節目となる一日をかみしめていた。

晴れ着姿で写真を撮る新成人たち=江戸川区で

写真

◆江戸川区 

 江戸川区では区総合文化センターで成人式が行われ、約四千人が出席。晴れ着姿の新成人が記念撮影をするなど級友との再会を喜んでいた。

 式典では多田正見区長が「新たな自覚を持って人生を豊かに輝くものにしてほしい」と激励した。会社員の竹本大騎さん(20)は「支え支えられ、やさしい大人になりたい」とりりしい顔。大学生の清田美波さん(20)は「母の振り袖を着てきた。喜んでくれたので少しは親孝行できたかな。自分に子どもができたら着せたい」と笑顔で話した。

◆練馬区 

 練馬区は遊園地「としまえん」での「成人の日のつどい」を四十年以上続けている。新成人約四千四百人が参加し、華やかな晴れ着姿で遊具を楽しむ姿もあった。

 新成人代表の一人、堀内小春さんは式典で「次世代に明るく活気あふれた地域社会を引き継いでいきます」と誓っていた。

写真

◆品川区 

 品川区の式典には約千三百人が参加。幕末の偉人、坂本龍馬がこの地で青年期を過ごしたことにちなみ、大井町の会場に今回初めて高知県から借りた高さ二メートルの龍馬像が展示された=写真、同区提供。

 新成人らは「親孝行をする」「世界に羽ばたく」など誓いの言葉を書いたパネルを手に思い出に残る記念撮影を楽しんでいた。

写真

◆立川市 

 立川市は錦町のたましんRISURUホールで「成人を祝うつどい」を開き、振り袖やスーツ姿の新成人約千人が参加。市吹奏楽団の演奏などで門出を祝った。

 市立中学九校の恩師四十二人のほか、同市出身で、新成人が子どものころにNHKの幼児番組「おかあさんといっしょ」で「うたのおねえさん」だった歌手のはいだしょうこさんからもビデオメッセージが届いた。はいださんは「今日から新たな人生の一歩が始まる。実感が湧かない人もいるだろうが、周りから見たら立派な社会人。行動に責任を持ち、一日一日を大切に生きて」とエールを送った。

 学校給食の人気メニューが食べられる喫茶コーナーでは、新成人からリクエストが多かった揚げパンやサーターアンダギー、おでんなどを提供。参加者たちは懐かしい味に「おいしい」と顔をほころばせた。

 大学で英語とタイ語を学んでいるという松本みなみさん(19)は「卒業後は航空関係の仕事に就きたい。これからいろんな出会いや経験を通して自分を磨いていきたい」と抱負を話した。 (林朋実)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報