東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 東京 > 記事一覧 > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【東京】

警察官装いキャッシュカード盗む 世田谷で3件相次ぐ

 警察官のふりをした男らが電話でうその捜査協力を依頼し、高齢者の自宅を訪ねてキャッシュカードを持ち逃げする窃盗の被害が、世田谷区で三件相次いで発生した。北沢署は、カードをだまし取るニセ電話詐欺に似た新しい手口とみて、注意を呼びかけている。

 署によると、十二日正午から夕方にかけ、いずれも同区の八十歳と八十三歳の男性二人、九十六歳の女性の自宅に、署員を名乗る男から「あなたの個人情報が漏れている。捜査に協力してほしい。キャッシュカードを準備しておいてください」と電話があり、二十代とみられる背広姿の男が訪ねてきた。

 男は偽の警察手帳を示してキャッシュカードの暗証番号を聞き出し、「カードを封筒に入れて保管してほしい」と指示。封筒に押す印鑑を取りに行かせた隙に別の封筒とすり替え、カードを持ち去った。その後、三人のカードから計四百四十万円が引き出された。

 三人は家族に話したり、封筒を開けたりして、盗難に気づいた。署幹部は「署員がキャッシュカードを自宅に取りに行くことはない。そうした電話があれば通報してほしい」としている。 (福岡範行)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報