東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 東京 > 記事一覧 > 2月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【東京】

門前町で江戸文化体験 築地本願寺など4名刹の商店街連携

のぼりがすでに門の前などに立っている伝通院=文京区で

写真

 築地本願寺(中央区)、護国寺、伝通院(文京区)浅草寺(台東区)と、東京を代表する4名刹(めいさつ)の門前町の商店街が連携し、順番に江戸文化体験の無料イベントを開く。名付けて「門前町で和顔愛語(わげんあいご)のおもてなし」。3日の築地エリアからスタートする。 (井上幸一)

 都が助成する広域支援型商店街事業の一環。和顔愛語とは、穏やかな笑顔と思いやりのある話し方で人と接するという意味の仏教の言葉という。代表商店街の浅草商店連合会の丸山真司理事長は「和顔愛語は人間関係のベース」と話す。

 開催日には、落語や講談の口演や、芸妓おもてなし舞、野点、縁日・屋台村、江戸時代衣装や江戸職人仕事の体験会などを開催。各エリアにポイントを設け、オリジナルお香袋がもらえるスタンプラリーも実施する。すでに周辺にのぼりが立つ会場もあり、おもてなしムードが盛り上がっている。

 日程は次の通り。いずれも午前十一時〜午後四時。詳しくはホームページ(「和顔愛語」「商店街」で検索)か、イベント事務局=電03(3839)5229=へ。

 【築地】三日、築地KYビル二階特設スペース(中央区築地四)。橘家竹蔵さんの落語、つまみ細工体験など

 【音羽護国寺】十日、護国寺境内(文京区大塚五)。竹蔵さんの落語、法話漫談、太神楽、つまみ細工体験など

 【伝通院】十二日、伝通院境内(文京区小石川三)。三遊亭遊馬さん、三遊亭金也さんの落語、田辺鶴遊さんの講談、宮田章司さんの江戸売り声、つまみ細工体験など

 【浅草】十七日、オレンジ通り、浅草文化観光センター(台東区雷門二)。金原亭馬生さん、金原亭馬久さんの落語、鶴遊さんの講談、太神楽、書道の「あさくさ勘亭流」体験など

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報