東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 東京 > 記事一覧 > 2月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【東京】

福島の現状を児童に伝える 写真家・菊池さん、調布・桐朋小で

津波で被害を受けた小学校の写真を説明する菊池和子さん=調布市の桐朋小学校で

写真

 東京電力福島第一原発事故から七年を迎えるのを前に、事故後の現地を撮影し続けている本紙読者の写真家、菊池和子さん(72)=品川区=が二十日、調布市若葉町の桐朋小学校の児童らに福島の現状を語った。

 社会科授業の一環で、六年生約七十人が参加。菊池さんは福島県内の帰還困難区域内を中心に、約五十枚の写真をスライドで映した。

 卒業式の飾り付けがそのままになった福島県大熊町の中学校体育館や、山林のように様変わりした浪江町の水田跡などの光景や、自宅に戻ることをあきらめて移住した人らを紹介。「自宅を壊すことを決めた農家の男性は一時帰宅したとき、名残惜しくてトラクターの運転席に座って動こうとしなかった」と振り返った。

 真剣に聞き入る児童らに菊池さんは「福島の人たちは原発は安全だと教えられ信じていたが、事故は起き、家も仕事も失って古里に帰れない人たちが今もたくさんいます」と呼びかけた。

 授業後、玉川侑人君(12)は「除染ごみを処理する大きな施設の写真を見て、今でも大変なことが続いているんだとびっくりした」と話していた。

 菊池さんは二〇一四年から福島での撮影を続け、写真集を三冊発行。各地で講演をして被災地の現状を伝えている。 (小野沢健太)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】