東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 東京 > 記事一覧 > 2月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【東京】

シャンシャン生後258日 公開時間中に初のお昼寝

 上野動物園(台東区)は二十六日、ジャイアントパンダの子ども、シャンシャン(香香・雌)の近況をホームページで公開した。生後二百五十八日となった二十五日の測定では体重が一九・八キロまで増え、母親シンシンの体重の約六分の一に。ほぼ毎日、屋外の運動場に出てシンシンにじゃれつき、二十一日には公開時間中に初めて屋外で眠ったという。

 園によると、室内では高さ約一・七メートルの丸太がお気に入りスペースで、Y字状に分かれた枝の間に体をうずめ、眠ることもある。二十三日には屋外で初めて、自力での排せつも確認された。

 映像ではニンジンなどにかみつく様子も見られるが、ふんの中身にかみ砕いた跡はなく、園は「餌として食べているとは言えない」と説明。乳歯は生えそろいつつあるとみられるものの、口を開けて調べることができず「何本あるかは不明」としている。

 シャンシャンの公開は二月から先着順になり、一日平均約八千人が観覧しているという。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報