東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 東京 > 記事一覧 > 3月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【東京】

銅版画で描く 童話の世界 国立のおのさん 鎌倉で原画展示

おのさんの原画を前に行われた、かとうさんによる朗読=神奈川県鎌倉市で

写真

 神奈川県鎌倉市佐助の出版社「銀の鈴社」で三日、童話作家かとうけいこさん(61)=埼玉県狭山市=が、自作を朗読する「読みがたりの会」があった。会場には、作品の絵を担当した銅版画家おのかつこさん=国立市=の原画二十点も並んだ。原画展は六日まで開かれる。

 作品は、昨年七月に同社から刊行されたかとうさんの自選集「7番目の季節 じゅんぐりじゅんぐり」。元小学校教諭のかとうさんが落ち着いた調子で物語を読み始めると、会場は静まり返り、参加者らが作品の世界に引き込まれていた。

 原画展は入場無料。問い合わせは同社=電0467(61)1930=へ。(北爪三記)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報