東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 東京 > 記事一覧 > 3月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【東京】

平和メッセージ967点 墨田区庁舎で山田洋次さんら寄せる

映画監督の山田洋次さんらからの「平和のメッセージ」を読む人たち=墨田区で

写真

 墨田区庁舎で九日、区民や著名人の平和への思いを直筆の文章やイラストで発信する「平和メッセージ展」が始まった。平和が達成されることを意味する現在の元号「平成」の文字をメインにした巨大な「平和のオブジェ」も壁面に登場。東京大空襲の犠牲者らを追悼する取り組みで、二十五日まで。初日には平和祈念コンサートも開かれた。

 メッセージ展には著名人四十五人と合わせ、平和を願う九百六十七点が並ぶ。映画監督の山田洋次さんは「力には力を、という考え方に反対しよう」と記し、演出家の宮本亜門さんは「戦争に良い悪いもない」と戦争反対を強調。タレントの黒柳徹子さんは「子どもの幸せは、平和!」とアピールした。区内の小学生らも「みんなのね いちばんの夢 平和です」「核兵器廃絶へ」などとつづっている。

 平和のオブジェは高さ一三・五メートル、幅七・五メートル、区民らの作った「折り鶴」九万羽を使い、区民のボランティアらが作り上げた。「平成」は、来年五月に改元されることからテーマに選ばれ、花言葉が「希望」「前進」のガーベラやツルなどが描かれている。 (飯田克志)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報