東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 東京 > 記事一覧 > 3月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【東京】

電気購入で気仙沼支援 目黒区、来月から区立施設向け

間伐材を使ってバイオマス発電をする気仙沼地域エネルギー開発のプラント=宮城県気仙沼市で(同社提供)

写真

 目黒区は四月から、友好都市の宮城県気仙沼市でバイオマス発電された電気を購入し、区立施設三十三カ所で使う。秋の目黒のさんま祭で同市から長年、サンマの提供を受けており、東日本大震災からの復興に取り組む友好都市の支援につなげたい意向だ。 (松村裕子)

 電気は、市内の民間発電事業者「気仙沼地域エネルギー開発」が地元の森林から出る間伐材を活用してつくり、林業を応援するとともに地域活性化に役立てている。

 小売り電気事業者を経由して区が購入する三十三施設分の年間消費電力量は二百三十六万キロワット時(二〇一五年度)。

 購入価格は約六千八百六十万円で従来より約五十万円安い。環境によい再生可能エネルギーの上、安価なため、区は状況をみて今後、購入量を増やしたい考えだ。

 使用施設は、さんま祭の会場となっている田道ふれあい館や、市へ自然宿泊体験に出掛けている駒場小、東山中など。各施設で気仙沼産電気を使っていることを表示する。

 区は大震災後、市に応援職員を派遣し続けているが、石田裕容・環境保全課長は「間伐材の処理促進でも復興を支援できれば」と話す。同社の高橋正樹社長は「社員のモチベーションアップにつながり、バイオマス発電を国内に普及する弾みにもなる」と感謝している。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報