東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 東京 > 記事一覧 > 4月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【東京】

全国50酒造の利き酒楽しんで 14日、日本橋の飲食店

日本酒利き歩きへの参加を呼び掛ける佐々木さん=中央区で

写真

 全国五十酒造の利き酒が楽しめるイベント「日本酒利き歩き」が十四日、中央区日本橋地域で開かれる。地元の酒店が四年前に始めた婚活イベントが、六千五百人を集める地域活性化イベントに成長。主催する日本橋日本酒プロジェクトの佐々木邦秀さん(39)は「お気に入りの酒や店を見つけて」と大勢の参加を呼びかける。

 日本橋に多い地方のアンテナショップを含め飲食店五十カ所で、一カ所につきほぼ一酒造の酒数種類を用意。受付で地図やウサギ柄のオリジナルおちょこを受け取り、店を回って酒を試飲する。各店では当日限定オリジナルおつまみ(有料)が食べられる。

 当時独身だった佐々木さんが婚活イベントも兼ねて地元飲食店で始めた利き酒会を、参加者が増えたため、数年後に他店にも呼びかけて地域に広げたのが始まり。

 佐々木さんは日本橋人形町の酒店四代目。「地域に人が集まれば、飲食店以外も潤う。日本橋へのリピーターを増やし、地域と日本酒を盛り上げたい」と期待する。

 午後二〜六時。前売り券は三千円(当日三千五百円)で、日本橋案内所(コレド室町1地下一階)などで販売している。問い合わせは佐々木酒店=電03(3666)7662=へ。 (松村裕子)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報