東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 東京 > 記事一覧 > 4月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【東京】

「豊洲移転、円滑に」 知事が本年度初の訓示

 小池百合子知事は二日、本年度初の庁議を都庁で開いた。三月二十九日に当初予算が成立したことを受け、局長級幹部らに「待機児童対策、超高齢社会への対応、本年度の大きな課題である豊洲市場への円滑な移転などを着実に進めていくことが、都民や都議会への責務」と訓示した。

 二〇二〇年東京五輪・パラリンピックの準備では「成功に一歩、大きく近づく一年にしたい」。一日付の人事異動については「女性職員の登用も積極的に進めた。これまで以上に都の意思決定の場に女性の視点が加わることで、政策がより厚みのあるものになると期待している」と述べた。

 都と関係が深い監理団体については「都とともに政策実現を目指す都庁グループの一員と位置付け、団体トップと意見交換し、課題を共有していきたい」と表明。「私もより一層、都政にまい進、専念していく。皆さんの力に期待している」とした。 (森川清志)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報