東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 東京 > 記事一覧 > 4月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【東京】

品川区役所に一時預かり施設 子育てママ、リフレッシュ 気軽に使えて好評

母親の井手口里紗さん(右)がお迎えに来てもおもちゃに夢中の想君(中)=品川区役所第3庁舎「オアシスルーム」で

写真

 品川区が今月、区役所第3庁舎(広町2)に開設した子どもの一時預かり施設「オアシスルーム」が保護者に好評だ。通院や買い物、映画観賞の際などちょっとお願いしたいときの融通が利き、「リフレッシュにも使えてありがたい」と歓迎の声が上がっている。 (原尚子)

 「ただいまー」。一歳十一カ月の長男想(そう)君を三時間預けていた主婦の井手口里紗さん(38)は、笑顔で息子に駆け寄った。母子が離れた時間を過ごすのは生まれてから初めてのことだが、寂しがるどころかおもちゃに夢中。井手口さんは「泣いちゃったらどうしようと思いましたが、楽しく過ごしてくれて良かった」と胸をなで下ろした。

 同区のオアシスルームは、保育園などを利用せず自宅で子育てをしている保護者が、一時的に子どもを預けられる場所。対象は、区内に住む生後四カ月から就学前までの健康な子ども。事前登録制で日時を予約する。

 区内には児童センターや保育センターなど九カ所に同様の施設があるが、今回初めて区役所内に設置した。行政手続きや区に相談で訪れた際に気軽に利用できるのが利点で、その場合は定員十五人のうち三人まで予約不要の枠がある。

 月〜金、日曜の午前八時半〜午後五時半に開設しており、一時間五百円。二十二日現在で百人が登録し、四十四人が実際に利用した。

 北海道から訪れた母親とすし店で昼食をとったという井手口さんは「歯科通院で利用したいので、きょうは試しに預けてみた。夫が忙しくふだんは二人きりなので、ちょっとした理由で預かってくれるところがあると思うだけで気持ちが楽です」と話した。

 問い合わせは同ルーム=電03(5742)3086=へ。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報