東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 東京 > 記事一覧 > 5月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【東京】

青梅市がキャラ入り証明書 武蔵村山市は冊子付き婚姻届

「ゆめうめちゃん」をデザインした結婚証と誕生証=青梅市で

写真

 結婚や子どもの誕生の記念にしてもらおうと、青梅市は公式キャラクター「ゆめうめちゃん」をデザインした結婚証と誕生証を作った。市に婚姻届や出生届を提出した希望者に無料で交付している。

 ゆめうめちゃんは、市の親善大使を務めるタレント篠原ともえさんが昨年、デザインした。

 表紙と内側にゆめうめちゃんをあしらい、結婚証には夫婦の氏名と婚姻日、誕生証は子どもの氏名と誕生日、身長、体重が記載される。写真を入れて飾ることもできる。届け出の一カ月以内に市民課の窓口で申請すると、その場で交付される。

 市出身の篠原さんは「家族の大切な日の記念に、ゆめうめちゃんが皆さんの元に幸せをお届けできることをうれしく思います。皆さんが、青梅をもっと好きになって、元気いっぱい幸せになりますように。ゆめ、うめ、おうめ!」とコメントした。

武蔵村山市の冊子とオリジナルの婚姻届=同市で

写真

 また、武蔵村山市はオリジナルの婚姻届と、冊子「婚姻手続き早わかりBOOK」をセットで配布。二〇一五年から使っている婚姻届をカラフルに改良し、冊子は新たに作った。市役所と緑が丘出張所で配っているほか、市のホームページからダウンロードできる。 (服部展和)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報