東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 東京 > 記事一覧 > 5月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【東京】

<ひと ゆめ みらい>ほっとできる居場所に 「子ども食堂」運営、NPO法人理事長・六郷伸司さん

「まいにち子ども食堂」を運営する六郷伸司さん=板橋区高島平7で

写真

 板橋区立徳丸ケ原公園の隣のマンションの一室に住み込み、三月一日から「まいにち子ども食堂高島平」の運営を始めた。毎日、朝七時から夜八時までオープンする。朝昼夜の食事を、自らを含めNPOの会員らが台所で調理して提供。大学生までの子どもは無料。大人は朝百円、昼二百円、夜三百円だ。

 オープンして二カ月半の今月十四日夜。保育園児とその母親、小学生らが肉や魚、野菜のおかずとみそ汁が付いた夜ご飯を味わっていた。「もっとかけて」と二歳の女の子におねだりされ、六郷さんは白ご飯にふりかけをかける。

 食事を終えた子どもは、ボランティアとボードゲームで遊んだり、テレビを見たり。「どこに住んでいるんですか」。近くに座った母親どうしの話が弾む。約四十平方メートルの「食堂」は、いくつもの家族が同居するお茶の間のようだ。一日平均約三十人が訪れる。

 週三回は利用しているという四児の母(34)は「仕事の後、ふらっと寄って子どもと一緒にご飯を食べられる。値段も魅力的」と話す。夫が九州に単身赴任中の女性(32)は「ボランティアのお兄さんが四歳の息子と遊んでくれて助かる。気持ちの面で、ここがないとやっていけない」と語る。

 六郷さんは「子育ての最中に余裕がある人なんていない。誰でも来て、ほっとできる居場所になれば」と願う。自分の子どもは四人とも成人し、孫もいる。自身の活動を「お世話になった親戚や近所の人など社会への償い」ととらえる。

 秋田市出身。小学五年の時に父が脳卒中で亡くなり、ひとり親家庭で育った。地元の秋田商業高校を卒業して上京。電車の運転士になりたかったが、高卒採用がなく、ジェットコースターなどの乗り物を扱う遊園地に就職し七年働いた。

 その後、秋田に戻ったが、家族の事情で再び東京へ。駅で地方の物産販売などさまざまな仕事を経験した。末っ子を学習塾に通わせるお金がなく、二〇一一年に板橋区で立ち上げた無料学習塾がNPOの活動の原点だ。そこで、経済的貧困のため毎日の食事に困る子どもたちに出会った。

 さらに「両親共働きなどで家族と過ごす時間が少ない子どもの社会的貧困も見逃せない」という。運営の原資は、クラウドファンディングで集めた百二十万円など寄付が頼り。「一年は大丈夫かな。必要な人がいる限りやめられない」 (増井のぞみ)

<NPO法人ワンダフルキッズ(板橋区)> 「まいにち子ども食堂高島平」(高島平7)のほか、月2回の「前野町子ども食堂わくわくランド」(前野町3)、毎週日曜の学習支援「K&Y’sカフェ」(本町)を行っている。問い合わせは六郷さん=電090(5583)6322=へ。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報