東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 東京 > 記事一覧 > 6月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【東京】

立川の司法の場、弁護士と探検を! 来月3日スタンプラリー

 東京三弁護士会多摩支部は、7月3日に立川市内で開く「立川司法探検スタンプラリー」の参加者を募っている。地裁立川支部と家裁立川支部、地検立川支部、弁護士会多摩支部を、弁護士と見学して回る。

 司法を身近に感じ、「裁判を受ける権利」を考えるきっかけにしてもらおうと、昨年に続いて企画した。裁判官や検察官との意見交換、法服を着て法廷の裁判官席に座るなどの体験も予定している。弁護士会では、弁護士が逮捕・拘留された容疑者・被告と接見する様子を演じる。

 午前の部(午前9時45分〜午後3時)と午後の部(午後0時45分〜5時)があり、それぞれ25人程度を募集。参加無料だが、午前の部は各自で昼食代を負担する。

 参加希望者は、往復はがきに参加人数(5人まで)と代表者の氏名、年齢、住所、電話番号、午前の部か午後の部かを記入し、〒190 0014 立川市緑町7の1、アーバス立川高松駅前ビル2階、東京三弁護士会多摩支部立川司法探検スタンプラリー実行委員会へ申し込む。6月15日必着。問い合わせは東京三弁護士会多摩支部=電042(548)3800=へ。 (竹谷直子)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報