東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 東京 > 記事一覧 > 6月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【東京】

四季の風景美を切り取った力作 町田の渡辺さん主宰の会が写真集

相模原市の相模原北公園のアジサイ(写真集「四季巡礼IV」より)

写真

 町田市在住の山岳写真家渡辺千昭さん(77)が主宰する「写真集団 光彩写友会」が、写真集「四季巡礼IV」を発表した。日本の春夏秋冬の美しい風景を切り取った力作を収録している。

 同市民らを中心に約二十人で活動する同好会で、講座で技術を学ぶほか、撮影旅行に出向いて腕を磨いている。二年に一度、写真集を発行しており、本作で四作目。

 北海道から九州まで、各地で撮影した風景写真五十六点を紹介。相模原市の相模原北公園のアジサイや町田市の薬師池公園の紅葉、宮城県の蔵王刈田岳の樹氷などが被写体に選ばれている。

 渡辺さんは山岳雑誌「岳人」で写真家としてデビューし、奥多摩や丹沢山塊の撮影スポットを紹介するガイドブックなど多数の著書がある。渡辺さんは「定期的に発表の機会を設けることで、撮影技術の向上につながっている」と話す。

 A4判、オールカラー。希望者に二千五百円(送料込み)で販売する。次回の講座は十六日午後一時から、町田市原町田六のまちだ中央公民館で。見学無料。問い合わせは江川澄会長=電046(252)7637=へ。 (栗原淳)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報