東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 東京 > 記事一覧 > 6月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【東京】

カルガモ親子、お引っ越し 二子玉川ライズで誕生

人波を抜けてちょこちょこと歩くカルガモの親子=世田谷区で

写真

 世田谷区の東急田園都市線二子玉川駅に直結する商業施設「二子玉川ライズ」の屋上庭園にいたカルガモの親子が19日、施設を通り抜け、隣接する多摩川沿いの二子玉川公園まで歩いて「お引っ越し」をした。

 施設の屋上庭園「ルーフガーデン」は2015年に多摩川の生態系を再現し整備された。5月末、4階のビオトープの池に卵があるのを職員が確認し、6月10日に10羽のひながふ化。7羽がすくすくと育ち、親鳥に付いて歩く姿が「かわいい」と話題になっていた。

 ここ数日は、あちこち動き回り落ち着かない様子だったという。この日は4階から公園につながるデッキがある2階まで降ろしてもらうと商業施設が並ぶ人通りの多い場所をうろうろ。休みながら公園のそばまで2時間ほどで辿り着き、草むらへと入っていった。

 東急電鉄二子玉川営業推進課タウンマネージメントチームの江南俊希さん(24)は「親鳥だけで飛んでいってしまうのではと心配もしたがほっとした」と無事の引っ越しに胸をなで下ろした。 (神谷円香)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報