東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 東京 > 記事一覧 > 6月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【東京】

高齢者や障害者が楽しめる渋谷観光は? 実践女子大学生がツアー提案

渋谷観光の企画を発表する学生たち=渋谷区東の実践女子大渋谷キャンパスで

写真

 高齢者や障害者も楽しめる渋谷の1日観光ツアーを考える授業で、学生が考えたツアー企画のプレゼンテーションが、渋谷区東の実践女子大渋谷キャンパスであった。

 誰もが不自由なく楽しめる「ユニバーサルツーリズム」を学ぶ授業で、大手旅行会社と連携。126人が受講し、社員から顧客のマーケティングとツアー企画の立案の基礎を学んだ。

 学生たちは4、5人ずつのチームで企画を考え、この日は、予選を通過した上位5チームがプレゼン。「大学生の気持ちに戻って心を若返らせよう!」というテーマにしたチームは、ハチ公前での記念撮影や、実践女子大のキャンパスを案内し学食を食べるツアーを提案。建物がバリアフリーである点を生かした。明治神宮をルートに入れたチームも多かった。

 優勝は、仮想現実(VR)のアトラクションで遊べる店をツアーに組み込んだチーム。3年の盧朝云(のうじょううん)さん(21)は「お客が行ける場所でなく行きたい場所へ、と考えるよう学んだ」と話した。

 授業時間の制約もあり、情報収集はネットに頼ったチームが多く、実際に考えたルートを歩いたり、行き先を訪ねたりしたチームはなかった。講師の近畿日本ツーリスト首都圏の橘清志千葉支店副支店長は「VRなど興味を持ちそうな内容を紹介していて良かった。ぜひ考えたツアーを自分たちでしてみて」と講評した。 (神谷円香)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報