東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 東京 > 記事一覧 > 6月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【東京】

「豊洲市場開場延期」 江東区議会決議せず 都の新線推進方針受け

 豊洲市場(江東区)の移転問題などを審議する江東区議会の特別委員会が二十九日、開かれた。都幹部が出席し、有楽町線の豊洲−住吉間の延伸に向け、本年度中をめどに事業スキーム(計画)の構築に取り組むと約束。これを受け、特別委は市場の十月開場の延期を求める決議を見送る方針を決めた。

 豊洲市場に整備する観光拠点「千客万来施設」を巡っては、都は区側に事業者との協議を打ち切る方針を伝えていたが、一転して事業継続を決定。こうした経緯に、区議会から反発の声が出ていた。

 都幹部は特別委で、長谷川明副知事が同日昼に区役所を訪れ、山崎孝明区長や議長らに「迷惑を掛けた」と謝罪したと説明。区が市場の受け入れ条件の一つとしていた有楽町線の延伸計画を進めることなどを文書で約束し、副知事が「都の総力を結集して結果を出す」と伝えたと理解を求めた。

 委員からは、千客万来施設の完成時期が明確になっていない点などに不満も漏れたが、都に約束の実行を求めた上で、開場延期の決議を見送ることで一致した。山崎区長は報道陣の取材に「決議を見送ったのは賢明な判断。有楽町線の延伸はきっちり計画を作ってほしい」と期待した。 (川田篤志)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報