東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 東京 > 記事一覧 > 7月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【東京】

夢と可能性、信じ続けて 宇宙飛行士・油井さん、練馬で講演

生徒たちの間に入って宇宙の魅力などについて語る油井亀美也さん(中央)

写真

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)の宇宙飛行士油井亀美也(きみや)さん(48)が6日、練馬区内で講演し、地元の生徒らに夢と可能性を信じ続ける大切さを訴えた。

  (白鳥龍也)

 板橋区の都立大山高校校長小山秀高さん(60)が、同じ長野県出身者でもある油井さんのチャレンジ精神にほれて生徒のために講演を依頼。

 会場の武蔵学園大講堂には、同高校生徒と練馬区内の中学生、父母ら約九百人が集まった。

 青のユニホーム姿で登壇した油井さんは、小学生のころ星空を見上げながら宇宙飛行士を目指し、防衛大学校を卒業して航空自衛隊のテストパイロットになった後も決してその夢をあきらめなかったと説明。「今の自分の能力に合わせて目標を決める必要はない。実現には迷うときも壁にぶつかることもあるが、目の前の課題に一生懸命取り組めばチャンスは必ずやってくる」と熱っぽく説いた。

 二〇一五年に百四十二日間滞在した国際宇宙ステーション(ISS)での勤務の様子も紹介。

 生徒からは「宇宙人はいるの」「お勧めの宇宙食は」などと矢継ぎ早に質問が飛び出した。 

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報