東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 東京 > 記事一覧 > 7月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【東京】

快走38年、小田急ロマンスカー「LSE」定期運行終了

大勢の鉄道ファンに見送られ定期運行最後の出発をする特急ロマンスカー・LSE(7000形)=小田急新宿駅で

写真

 小田急電鉄で三十八年間にわたり新宿−箱根を結んだ最古参の特急ロマンスカー・LSE(7000形)が十日、定期運行を終了した。箱根湯本行きの最終運行に伴う出発式が小田急新宿駅(新宿区)で開かれ、大勢の鉄道ファンらから拍手や「お疲れさま」との声が上がった。LSEは今後、臨時特急として運行し本年度中に引退する。 

 LSEは今のロマンスカーの原型SE(3000形)から三代目で、流線形でバーミリオンオレンジ色との伝統を残しつつ、シャープな形の先頭車両が特徴。一九八〇年に展望席のある特急車両として運行を始めた。一時、ワインレッド色に塗り替えられたが「昔懐かしい色に」との声が相次ぎ、オレンジ色に戻した。

 四代目のHiSE(10000形)、五代目のRSE(20000形)は、床が駅ホームから高いなどでバリアフリー対応が難しく、二〇一二年にいずれも引退。LSEは車いす対応ができ、歴代ロマンスカーで最も長い運行期間だったが、最新型の九代目のGSE(70000形)との交代で、引退することになった。

 この日は五十嵐秀(しゅう)常務が「皆さんの思いは次に続くロマンスカーにしっかり引き継ぐ」とあいさつ。出発合図を受け、LSEが出発した。写真を撮っていた世田谷区の介護士、守屋徹さん(47)は「小学生の頃から憧れのロマンスカー。親にせがんでLSEで箱根旅行した時は最高の乗り心地だった」と感慨深げに話した。 (増井のぞみ)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報