東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 東京 > 記事一覧 > 7月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【東京】

あきる野で末永くお幸せに 市オリジナル婚姻届

あきる野市の自然などをあしらったオリジナル婚姻届(右)と、婚姻手続き早わかりブック=あきる野市で

写真

 自然豊かなあきる野市に愛着を持ち、末永く幸せに暮らしてもらおうと、水と緑を基調にデザインした市オリジナルの婚姻届ができた。婚姻や定住、子育てに関する情報を掲載した冊子「婚姻手続き早わかりブック あきる野市で始める暮らし」も作成、今月から同時に配布している。 (萩原誠)

 婚姻届には、秋川渓谷を代表する景観の石舟橋と仲むつまじいオシドリのほか、虹などを採用。また市のキャラクター「森っこサンちゃん」や市の鳥「セキレイ」の白抜きのシルエットなどもあしらった。光が降り注ぎ、二人の門出を祝福するイメージに仕上げた。

 早わかりブックには、婚姻届の書き方、提出時に必要なもの、提出場所や時間などを掲載。子育てに関する相談窓口などの情報なども紹介している。

 ブック持参で特典が受けられる企業の広告を掲載、その広告収入で婚姻届と冊子をつくったため、市の財政負担はないという。

 近年、自治体オリジナルの婚姻届に注目が集まっており、市としても地域の魅力をアピールする狙いで作成したという。小沢和弘市民課長は「婚姻の記念にしてほしい。自然豊かで住みやすいあきる野市を知って愛着を持ってもらえたら」と話している。

 市役所市民課市民窓口係や五日市出張所市民総合窓口係、増戸連絡所で配布している。問い合わせは同課=電042(558)1111=へ。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報