東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 東京 > 記事一覧 > 7月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【東京】

「幕末の四賢侯」ラリーで知ろう ゆかりの4県アンテナ店が開催

幕末の四賢侯ゆかりのアンテナショップ巡りの用紙

写真

 幕末明治150年を記念し、激動期に新しい国づくりに力を尽くした4人の藩主「幕末の四賢侯(しけんこう)」を知ってもらおうと、ゆかりの福井、鹿児島、高知、愛媛の4県の都心アンテナショップがスタンプラリーを開いている。9月8日まで。

 四賢侯は福井藩主の松平春嶽、薩摩藩主の島津斉彬、土佐藩主の山内容堂、宇和島藩主の伊達宗城(むねなり)。徳川慶喜を将軍に推し開国や富国強兵を唱えた。春嶽は明治の年号を提案し、容堂は慶喜に大政奉還を促すなど、動乱期の政治に大きな影響を与えた。

 福井県の「食の國(くに) 福井館」(中央区銀座)か「ふくい南青山291」(港区南青山)、鹿児島県のかごしま遊楽館(千代田区有楽町)、高知県の「まるごと高知」(中央区銀座)、愛媛県の「シン・エヒメ」(千代田区丸の内)を回って四つのスタンプを集め、先人に関するクイズに答えて応募すると、抽選で計60人にアンテナショップの商品券などが当たる。

 各店では四賢侯の人物像などの解説文を掲示している。各県で150年記念イベントを開催中で、福井県の担当者は「この機に四賢侯を知って、ゆかりの県を訪ねてほしい」と話している。

  (松村裕子)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報