東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 東京 > 記事一覧 > 7月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【東京】

意見相違で川上氏辞任 五輪文化事業・統括プロデューサー

 二〇二〇年東京五輪・パラリンピックに関連した都の文化事業「Tokyo Tokyo FESTIVAL(TTF)」で、中心的な役割を担ってきた川上量生(のぶお)氏が統括プロデューサーを辞任した。川上氏は動画配信サイトを運営するドワンゴの創業者で、辞任は六月二十七日付。都は「事業のあり方について川上氏との間で考え方に相違ができた」と説明。川上氏は公式ブログで「私と関係がある会社のスタッフは一人も使わずにプロデューサーの業務を行ってほしいと都から要請された」などと経緯を説明している。

 小池百合子知事は二十日の定例記者会見で、後任について「(探すのは)容易ではないが、TTFは今後も続け、世界への発信を進めていく」と述べた。TTFは二〇年四月から半年間、東京大会の機運醸成を目的に音楽や演劇などのイベントを展開する。事業を巡っては、三月の都議会で自民党都議が「川上氏の関係者が関連事業を受託することはないのか」などと追及していた。(榊原智康)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報