東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 東京 > 記事一覧 > 7月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【東京】

AI関連企業6社が「五反田バレー」設立 成長支援など品川区と連携協定

浜野健・品川区長(左から3人目)と「五反田バレー」のメンバーら=品川区で

写真

 品川区の五反田エリアを本拠地とするIoT、人工知能(AI)関連の企業六社が二十五日、一般社団法人「五反田バレー」を設立した。米シリコンバレーにちなんだ名称で、先端企業の集積地に育てることなどをめざす。地域企業の成長支援などで区と連携する協定も同日、締結した。

 六社は、新しいビジネスモデルで急成長している「スタートアップ」と言われる企業群。同団体代表で「マツリカ」の黒佐英司・代表取締役は会見し「どんどん参画してもらい、スタートアップと言えば五反田バレーと言われるようになりたい」と語った。

 五反田は東急池上線、都営浅草線とJR山手線が通り、アクセスがいい割に渋谷などに比べて賃料が安く、近年スタートアップ企業が急増、五反田駅周辺だけで三十八社ある。浜野健区長は「昔は小さな工場があった場所だがITで最先端に生まれ変わった街。日本の五反田と言われるよう頑張ってほしい」とエールを送った。 (原尚子)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報