東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 東京 > 記事一覧 > 8月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【東京】

<甲子園だより>日大三、きょう準決勝 小倉監督「見逃し三振恐れない」

休養日の練習で、キャッチボールする日大三ナイン=兵庫県西宮市で

写真

 第100回全国高校野球選手権大会で4強入りした日大三(西東京)は十九日、兵庫県西宮市の球場で約2時間練習した。選手らは、二十日の準決勝第1試合で対戦する金足農(秋田)の攻略を目指し、汗を流した。

 打撃練習では、最速150キロの速球を誇る右腕エース、吉田輝星投手(三年)を念頭に、ピッチングマシンを通常より打者に近づけて配置し、打席の選手がタイミングをはかっていた。バント処理などの守備練習も行い、投手陣は投げ込みをした。

 小倉全由(まさよし)監督(61)は、4試合連続2けた奪三振を記録した吉田投手を「ストレートは速く、スライダーもスプリットも投げる。やっぱりいい投手」と高く評価。「高めのストレートや低めの変化球に手を出さない見極める力がポイントで、見逃しの三振を恐れない気持ちが大切だ」と話した。

 打線では、チームをまとめる日置航(わたる)主将(同)の存在感に触れ「(これまでの試合で)いろいろな選手がキーマンになってきたが、最後に締めるのは日置」と期待した。

 日置主将は「吉田投手を打って勝つイメージしかない。食らい付いていきたい」と力を込めた。 (服部展和)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報