東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 東京 > 記事一覧 > 8月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【東京】

稲城カレーで市PR 来月2日、7店協力で食べ比べ「フェスタ」

稲城カレーフェスタを企画した種田さん=稲城市のペアテラス前で

写真

 カレー好きな稲城市の有志が、カレーを使ったまちおこしを企画した。第一弾として、市内飲食店のオリジナルカレーの食べ比べをする「稲城カレーフェスタ」を九月二日、JR稲城長沼駅前で開く。「知られていない稲城のカレーなる一面をPRしたい」と張り切っている。 (松村裕子)

 発案したのは出版社経営、種田匡延さん(52)。自社で発行するタウン誌で市内のカレー店を特集したこともあるカレー好きだ。今年の初夏、カレー本を発行するための事前調査で、市内にはカレーを提供するレストランやカフェが五十店近くあることが分かった。人口九万人余の市としては多いと考え、「地域振興に活用できないか」と知人に相談、賛同した九人で実行委員会をつくった。

 フェスタは七店が協力。駅前の観光情報の発信拠点「ペアテラス」、市民らの学びの場「くらすクラス」で、稲城産の夏野菜や名産のナシを使ったカレーなど六種類から好みの三種類を選ぶ三種盛カレーを千百円で販売し、食べ比べてもらう。ガレット(そば粉のクレープ)で食べるカレーは別に販売する。四百人分を用意する。

 フェスタに間に合うようカレーと市民のかかわりをまとめた本も発行。九月八日からは市内十余店を巡るスタンプラリーも催す。スタンプラリーは年二回のペースで続ける。

 種田さんは「市民に地元の店を知ってもらい、新旧市民が一緒に楽しんで仲良くなる機会にしたい。市外の人にも来てもらい、観光振興につなげたい」と話した。

 フェスタは午前十一時〜午後二時。地元の子どもたちのダンスや音楽グループの歌、演奏もある。

 問い合わせは実行委員長の中田中(あたる)市議=電090(3596)5118=へ。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報