東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 東京 > 記事一覧 > 8月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【東京】

<全日本学童野球>ジュニアナインズ3回戦へ 金町ジャイアンツは逆転負け

6回、2死満塁で適時三塁打を放ちガッツポーズのジュニアナインズ・青山選手=神宮球場で

写真

 高円宮賜杯第38回全日本学童軟式野球大会マクドナルド・トーナメント(東京新聞など主催)は二十一日、2回戦が行われ、開催地出場のジュニアナインズ(江戸川区)が茎崎ファイターズ(茨城)を7−6で破った。一方、都第1代表の金町ジャイアンツ(葛飾区)は田辺第二クラブ(和歌山)に4−7で敗れた。

 ジュニアナインズは3点を追う六回、適時三塁打を放つなど、打者一巡の猛攻で一挙5点を獲得。七回に同点に追いつかれたが、八回無死満塁開始のタイブレークで1点を加え、その裏を手堅い守りで無失点で切り抜け、勝利した。

 斉藤幸之介投手(六年)は「緊張したが全員野球ができた」、村山優羽主将(同)は「みんなの気持ちは前に向いていた」と笑顔を見せた。小野峰夫監督は「最後まで粘ることができた」とナインをたたえた。

     ◇

敗れて悔しそうな金町ジャイアンツナイン=府中市民球場で

写真

 金町は初回、二塁打で出塁した八津快洋選手(六年)が安藤佑太選手(同)の適時打で生還し先制。その後も船木飛瑚選手(同)の二塁打などで計3点を挙げリードした。三回には1点差に迫られたが、すぐに1点を返した。だが六回、四死球もあって逆転を許し、その後は反撃の機会を見いだせなかった。

 八津主将は「初回にいいバッティングができ、先制点を取ったので、うかれて気が緩んでしまった」と悔やんだ。香取鉄平監督は「追加点が取れず相手にリズムをもっていかれてしまったが、頑張った選手たちを褒めたい」と話した。 (中村真暁、松村裕子)

 ▽2回戦

ジュニアナインズ(開催地東京)

00100501|7

21100020|6

茎崎ファイターズ(茨城)

 (タイブレーク八回)

(ジ)川瀬、斉藤−亀山

(茎)尾花、吉田−大貫

 ▽三塁打 青山(ジ)上倉(茎)▽二塁打 上倉、尾花、吉田(茎)

田辺第二クラブ(和歌山)

0020050|7

3010000|4

金町ジャイアンツ(東京第1)

(田)岡本−日下

(金)八津、飯山成、八津、安藤−飯山大

 ▽三塁打 山本陣(田)船木(金)▽二塁打 八津2、船木(金)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報