東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 東京 > 記事一覧 > 8月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【東京】

日本工学院八王子が7年連続アベックV 都専門学校夏季テニス

写真

 第36回都専門学校夏季総合テニス大会(都専門学校テニス連盟主催、東京新聞・東京中日スポーツなど協賛)が二十〜二十三日、千葉県白子町であり、日本工学院八王子校(八王子市)が団体戦で七年連続十回目のアベック優勝を飾った。

 日工八王子は、男子団体決勝で東京リゾート&スポーツ(豊島区)を2−0、女子団体決勝で横浜リゾート&スポーツ(横浜市)を2−0でそれぞれ破った。3位は男子が横浜リゾート&スポーツ、女子が東京リゾート&スポーツだった。日工八王子男子の碩勇登主将は「全国大会制覇に向け力を発揮できた」と語り、同女子の田中優香主将は「男女ともに全国制覇を目標に頑張りました。先輩たちが続けてきた連覇を継続でき、うれしいです」と話した。大会には10校が参加。団体戦と個人戦の計6種目をトーナメント戦で争った。各部門の上位入賞のチームと選手は、十一月四日から白子町で開かれる全国大会に出場する。

 ◇個人戦成績

 【シングルス】

 ▽男子(1)岡嶋巧(日工八王子)(2)黒宮大輝(同)(3)鈴木啓二(同)

 ▽女子(1)相原美優(日工八王子)(2)黒瀬美香(同)(3)内田美玖(東京リゾート)

 【ダブルス】

 ▽男子(1)岡嶋巧・鈴木啓二(日工八王子)(2)河井颯大・根本育弥(東京リゾート)(3)平賀敏・斉藤蓮(日工八王子)

 ▽女子(1)黒瀬美香・綿引玲菜(日工八王子)(2)相原美優・田中優香(同)(3)深水まりん・鈴木るみな(横浜リゾート)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報