東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 東京 > 記事一覧 > 9月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【東京】

ナイトライフ楽しんで 渋谷と新宿の両区飲食店で外国人向けパス発行へ

写真

 外国人観光客にナイトライフを楽しんでもらおうと、新宿区と渋谷区が初めてタッグを組み、来年1、2月、両区の飲食店で使える専用バウチャー(金券)=イメージ図=を発行する。12日に吉住健一・新宿区長、長谷部健・渋谷区長が都内でそろって会見し、発表した。(宮崎美紀子)

 両区は民泊の許可件数が都内一、二位で、個人旅行客が多いという共通点がある。一方で渋谷は若者向けのクラブ文化、新宿はゴールデン街に象徴される昭和の飲み屋文化と個性の違いもある。そこで両区は東京観光財団の「地域資源発掘型実証プログラム事業」を活用し、新宿と渋谷を回遊できるバウチャー「TOKYOナイトタイムパスポート」の発行を決めた。事業期間は三年間。

 バウチャーは一枚五千円で、三千円と二千円の半券がついている。参加加盟店は「お通し代」などが含まれた三千円、二千円の定額メニューを提供する。当初はバー、居酒屋、クラブなど両区で約五十店の参加を見込んでいる。販売はJR新宿駅の新宿観光案内所、外国人利用者が多いチケット販売店「Tickets Today」で。日本人は購入できない。

 会見で吉住新宿区長は「ビギナーの外国人に新宿、渋谷を知ってもらいたい」、長谷部渋谷区長は「区の境は外国人観光客には見えないし、関係ない。新宿区と刺激しあいながらシナジー効果を高めたい」と期待を語った。

 来年二月にはバウチャーが使える共同の街飲みイベントを企画している。 

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報