東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 東京 > 記事一覧 > 9月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【東京】

歌舞伎町、初の上昇率1位 都内基準地価 前年比3.7%上昇

 都は十八日、土地取引の指標となる都内千二百六十八地点の基準地価(七月一日時点)を公表した。全地点の平均は前年比3・7%の上昇で、六年連続のプラスとなった。住宅地では交通利便性が高く、割安感のある荒川区などで前年に引き続き上昇。商業地では外国人観光客に人気のエリアのほか、区部に近い多摩地区の上昇も目立った。(森川清志)

 全調査地点の八割で地価が上昇。このうち区部は全地点で、多摩地区は六割の地点で上昇した。

 【住宅地】

 住宅地の平均上昇率は2・4%で、このうち区部は4・3%の上昇。区部の上昇幅は前年の3・3%からさらに拡大した。

 上昇率の最高地点は荒川区西日暮里四の10・1%。上位五地点は荒川、足立、江東区と都心周辺が占めた。都心は高値が続いており、前年に続き周辺へと広がった形だ。

 多摩地区で上昇率が最高だったのは、商業施設が集積し、利便性が高い立川市曙町三の4・3%。上昇率の上位五地点にはこのほか、JR中央線の区部に近い武蔵野市の三地点や、高尾駅に近い八王子市の一地点が入った。

 【商業地】

 商業地の平均上昇率は5・9%。このうち区部は7・2%上昇し、前年の5・9%から上昇幅が大きくなった。

 上昇率の最高地点は、外国人観光客らの訪問が多く、周辺の再開発も進む新宿区歌舞伎町一の20・0%。この地点が上昇率一位になったのは初めてという。ほかにも、浅草や渋谷といった外国人に人気のエリアが上位を占めた。

 多摩地区で上昇率が高かった地点では、JR中央線沿線の区部に近い武蔵野市が多かった。

 地価が最も高いのは、十三年連続で中央区銀座二の明治屋銀座ビル。一平方メートル当たり四千百九十万円で過去最高となった。

写真
写真
 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報