東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 東京 > 記事一覧 > 10月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【東京】

不正入試受け、港区でシンポ 背景に重い医師負担

若手医師の立場から講演した坂元晴香さん(左)=港区で

写真

 医学部入試で女子受験生らの得点を操作した不正入試問題を受けたシンポジウムが二十六日、港区の日本学術会議で開かれた。テーマは「医療界における男女共同参画の推進と課題」。男女の医師や自然科学者が登壇し、医師にかかる負担の重さが、問題の背景にあることを指摘した。

 小児科医の桃井真里子自治医大名誉教授は、基調講演で「基盤にあるのは医師不足。医師を中長期的に増やさないといけない。国民も診療の量が適切か考えてもらう必要がある」と訴えた。経済協力開発機構(OECD)の統計によれば、日本では医師一人当たりの外来患者診療数が平均の二・三倍、スウェーデンの七・八倍に達するという。

 また産婦人科医で日本女性医療者連合理事の種部恭子さんは「過重労働が問題だ。女性医師が働きやすい職場にすることで、男性も働きやすくなる」と説いた。

 若手医師として、内科医で東京大特任研究員の坂元晴香さんは「女性が家事や育児を担い、男性医師は二十四時間三百六十五日、家庭を犠牲にしても働いた方がいいというジェンダー意識の改革が必要」と強調。「若手や女性の医師の声を医療制度に取り入れるべきだ」と指摘した。 (増井のぞみ)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報