東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 東京 > 記事一覧 > 11月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【東京】

五輪前に都心−臨海部結ぶバス 「東京BRT」に決定

 都心と臨海部を結び、二〇二〇年東京五輪・パラリンピック前に運行を始めるバス高速輸送システム(BRT)の名称が「東京BRT」に決まった。名称を一般公募した都は「応募数が最も多く、東京の新しい公共交通機関にふさわしく分かりやすい名称とした」と説明した。一方、車両のデザイン案も公表し、意見を募集している。

 公募は八〜九月に実施し応募総数は四百二十八件。東京BRT(TOKYO BRTなど含む)は二十三件で、「シンプルで分かりやすい」「外国人にも理解されやすい」などの意見が寄せられた。

 都は、車両や停留所、シンボルマークなどを一貫したコンセプトに基づいてデザインする。そのデザインは三案=イメージ、都資料から=あり、意見を公募している。二十五日までに、都のホームページなどから応募する。

 BRTは東京大会前の二〇年度中に虎ノ門−晴海二丁目間で先行開業。東京大会後は、豊洲市場や豊洲駅、東京テレポート駅に延伸し、二二年度以降は本数を増やして本格運行する。 (榊原智康)

写真
 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報