東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 東京 > 記事一覧 > 12月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【東京】

文京区、来春の特別支援学級見送り 保護者ら開設要望も

「地域の学校に友達と通いたい」と訴える天野堯君(右)と佳世さん=文京区で

写真

 障害のある児童を持つ保護者らが、文京区根津・千駄木地域の区立中学校に特別支援学級(支援級)の設置を求めている。区側は来春の開設は見送る方針だ。「友達と一緒の中学校に進学させたい」と保護者らは願っているが…。 (中村真暁)

 文京区では、全区立中十校のうち三校に支援級がある。根津・千駄木地域の中学校にはなく、昨年二月、設置を求める請願を保護者らが区議会に提出。採択されたが今春の進学対象者はないとして、開設されなかった。来春は希望する六年生が少なくとも二人いる。区教委は今夏、汐見小(千駄木)に通う四〜六年の障害のある児童十五人を対象に、保護者に聞き取りを実施。十人が地域の支援級に通いたいと回答したが、区教委は来春は開設しないとした。

 教育指導課は「生徒や教員数を確保し、人間関係を育む環境を整えるため、各校に支援級を最低二学級設けることが理想。支援級の生徒数は十年ほど変わらず、学校を増やすと二学級が維持できない」と理由を説明する。一方で、来年度から一学級体制となる学校もある。

 都教委によると本年度、都内の公立校で支援級を設置しているのは小学校の約三割、中学校の約五割。担当者は「区市町村の判断による」とする。横浜市のように全公立小中学校に支援級を置く自治体もある。障害児教育に詳しい三重大教育学部の栗田季佳(ときか)准教授は「要望がありながら開設しないケースは、障害者基本法の原則に従うと、支援級の設置を検討する責務を果たしていない可能性もある」と指摘する。

◆地元の友達と成長したい

 「友達がいる中学校へ行きたい」。ダウン症、身体障害がある汐見小六年の天野堯(ぎょう)君(12)は声を振り絞った。九月にひざの手術をしたばかりで車いす生活を送る。

 学校では、みなが自然と車いすを押し、話し掛ける。普通級、支援級に関係なく、毎日顔を合わせてきた仲間たちだ。

 「一緒に生きるとはこういうことだと、子どもたちから教わった」と母の佳世さん(41)。地元の中学校に支援級がなければ、他の支援級への道も考えたというが、「友達が近くにいれば生活も、歩む道も変わる」と、涙ながらに訴える。

 移動の負担もある。千駄木に住む山野順一朗さん(51)の中学三年の娘は発達障害があり、バスを乗り継ぎ一時間近くかけて遠い支援級に通う。慣れて一人で通学するまで、入学から三カ月かかった。区は月に十回までヘルパーの付き添い費用を支援するが、「人手不足で、当日まで利用できるか分からないことも」と、山野さんは実情を話す。

 汐見小五年生の障害のある息子を持つ富岡智子さん(44)は「通わせるのが大変だと、(中学校は)普通級を選択することもできるが、授業内容が分からず座っているだけになってしまう」と危惧する。送迎のため仕事を辞めるしかないと思い詰める親もいるという。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報