東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 東京 > 記事一覧 > 12月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【東京】

困っている人たちへ無料で相談応じます 市民団体が府中公園で8、9日

 生活困窮者らを支援する市民団体「府中緊急派遣村」が八、九の両日、府中市府中町二の府中公園で「年末困りごと相談会」を開く。

 二〇〇九年から実施。貧困や労働、健康問題、子育てなどの相談を、弁護士、看護師らが内容に応じて無料で受け付ける。

 生活保護の受給を希望する人は、同団体のメンバーが福祉事務所での申請に付き添う。最近、生活保護の受給申請をした男性(32)は体調を崩して働けなくなり、アパートを追い出されたところ、ネットで知った同団体に申請の手続きで支援を受けた。「支援をいただいた人たちに感謝している。自分のこれからを切り開いていきたい」と話した。

 近年は、DV被害などで行き場のなくなった母子の相談が増えているという。代表の松野哲二さん(69)は「どこにも相談にいけない人にも来てほしい。日常的に寄り添える地域社会の一コマになれば」と話した。

 八日は午後一〜三時、九日は午前十時〜午後三時。九日は正午から無料の炊き出しがあり、カレーライスや牛丼などがふるまわれる。

 問い合わせは松野さん=電090(3085)7557。活動資金の支援も募っている。 (竹谷直子)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報