東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 東京 > 記事一覧 > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【東京】

「亥年」生まれ 110万9000人 都推計・十二支別で5番目

 都は、2019年の「年男・年女」と新成人の都内の人口推計をそれぞれまとめた。19年の干支(えと)である「亥(い)年」生まれの年男・年女は110万9000人で、新成人は12万1000人だった。

 それぞれ住民基本台帳を基に都が1日現在で推計した。

 年男は54万2000人、年女は56万6000人。出生年別では、1971年生まれが最多の22万9000人。83年生まれが19万2000人、47年生まれが18万3000人と続いた。都の総人口を十二支別でみると、亥年生まれは5番目に多かった。

 一方、新成人は、前年より2000人増加。3年連続の増加となったが、ピークの68年と比べると約3分の1になっている。

 内訳は男性6万1000人、女性6万人。地域別では区部が7万6000人、多摩・島しょ部が4万5000人。今回の推計は98年1月1日〜12月31日生まれの都内の人口。成人式の対象は98年4月2日〜99年4月1日生まれのため、人数は異なる。 (榊原智康)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報