東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 東京 > 記事一覧 > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【東京】

豊洲に病児保育室開設 NPO法人が人口増で不足受け

感染症の病児に対応する隔離室が設けられている「病児保育室フローレンス豊洲」=江東区で

写真

 首都圏で病児保育を手掛ける認定NPO法人フローレンス(千代田区)は十七日、江東区豊洲に「病児保育室フローレンス豊洲」を開設する。

 現在、同区に病児・病後児保育室は計四カ所。豊洲地域には一カ所あるが、特にマンション開発などで子育て世代の人口増が顕著。同法人の駒崎弘樹代表理事は「豊洲地域の保育園定員数が三千百人に対し、現状の病児・病後児保育利用枠は四人。倍率は約七百七十倍で圧倒的に足りない。困っている子育て世帯の声を可視化して、行政に届けたい」と話す。

 問題提起のため、同法人は同地域の「有明こどもクリニック」と連携して、まずは認可外として開設。今後、区に認可を求めていくという。

 生後六カ月から六歳までの未就学児が対象で、定員四人。インフルエンザなど感染症の隔離室を設けている。インターネットで事前登録や予約できる仕組みを整えているという。

 同区在住で年長児を育てる自営業の女性(40)は、「インフルエンザでも預かってもらえるのは助かる。子どもが月曜日にインフルエンザにかかると、金曜まで仕事を休まないとならなく大変だった。病児保育の枠が増えるといい」と話していた。

 江東区保育課の藤田京子保育支援係長は「区として、要望が高いことは受け止めている。条件が整ったら拡充していくことも検討している」という。 (長竹祐子)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報