東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 東京情報 > 遊ぶ > 祭り

ここから本文

【祭り】

村上の神楽(千葉)

写真

 ★まないた開き(東京) 12日、10時から。本堂にある親鸞聖人の高弟、開基性信上人の絵像の前で行う。烏帽子(えぼし)と直垂(ひたたれ)姿の四条流師範が、庖丁(ほうちょう)と箸を使いまな板にのせた鯉(こい)には手を触れずに料理する。台東区東上野の坂東報恩寺。地下鉄稲荷町駅徒歩約7分。(電)03・3844・2538同寺

 ★大磯の左義長(神奈川) 13日。国指定重要無形民俗文化財。無病息災を祈願する伝統行事。海岸で正月飾りなどを約7〜8メートルの高さに積み上げてサイトを造り、18時30分ごろに点火する。大磯町の北浜海岸。JR東海道線大磯駅徒歩約10分。(電)0463・61・3300町観光協会

 ★鳥追い祭(群馬) 14日。県指定重要無形民俗文化財。豊作や害虫・害鳥駆除を願い、県指定重要有形民俗文化財の鳥追い太鼓をたたきながら町内を練り歩く。中之条町中之条町周辺。JR吾妻線中之条駅徒歩約10分。(電)0279・75・8814町観光協会

 ★寒中水浴大会「寒中禊(みそぎ)」(東京) 14日。1年の無病息災を願い、ふんどし姿の男性と白装束を着た女性が氷柱の入った水槽に入る。中央区湊の鐵砲洲(ず)稲荷神社。JR京葉線・地下鉄八丁堀駅徒歩約5分。(電)03・3551・2647同神社

 ★春渡祭(おたりや)(栃木) 15日。焚(た)き上げ所で、正月飾りや神札などのお焚き上げをし、家内安全や無病息災などを祈願する。夕方からは市指定文化財の田楽舞を奉納、神輿(みこし)の渡御を行う。宇都宮市馬場通りの二荒山神社。JR東北線宇都宮駅バス約5分。(電)028・622・5271同神社

 ★村上の神楽(千葉) 15日、14時ごろから。市指定無形民俗文化財。七百餘(よ)所神社の祈年祭で奉納する。神楽殿では舞を披露する。その後、境内で湯立て神事を行う。八千代市村上の同神社。京成線勝田台駅・東葉高速鉄道八千代中央駅バス約10分。(電)047・481・0304市教育委員会教育総務課

 ★西久保観世音の鉦(かね)はり(埼玉) 17日。県指定無形民俗文化財。双盤鉦と太鼓を鳴らし、曲調をつけて念仏を唱える民俗芸能。入間市宮寺の西久保観音堂。西武池袋線小手指駅バス約30分「JA宮寺支店前」下車徒歩約10分。(電)04・2934・7711市博物館

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報