東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 東京情報 > 遊ぶ > 祭り

ここから本文

【祭り】

浦賀の虎踊(神奈川)

写真

 ★寝釈迦(しゃか)の花まつり(茨城) 8日。釈迦の誕生を祝う祭りで、400年以上の伝統ある行事。持参した下着などに御朱印を押し、仏前に供えて無病息災を祈願する。この下着を着用すると下の世話にならず、往生できるといわれている。県指定有形文化財の釈迦如来涅槃(にょらいねはん)像の御開帳も行う。稲敷市上根本の阿弥陀寺 釈迦堂。圏央道稲敷ICから約15分。(電)0297・87・3169同寺

 ★鳥越(とりこえ)祭<鳥越の夜祭り>(東京) 8〜10日。9日は町内神輿(みこし)の連合渡御。10日は千貫神輿などが氏子22町内を練り歩く。19時からは神輿の提灯(ちょうちん)に火を灯(とも)し、宮入りを行う。台東区鳥越(とりごえ)の鳥越神社。都営浅草線蔵前駅徒歩約5分。(電)03・3851・5033同神社

 ★品川神社例大祭(東京) 8〜10日。9日は15時から子ども神輿の、17時からは大人神輿の連合渡御。10日は品川拍子の音と共に鳳輦(ほうれん)、宮神輿が巡行する。品川区北品川の同神社。京急線新馬場駅北口徒歩すぐ。(電)03・3474・5575同神社

 ★上小瀬(かみおせ)立野神社祗園(ぎおん)祭(茨城) 9日。疫病退散と五穀豊穣(ほうじょう)を祈願する。13時から神事を行い、神輿と山車が地区内に繰り出す。常陸大宮市上小瀬の同神社。JR水郡線常陸大宮駅バス約25分。(電)0295・56・3843実行委員会

 ★浦賀の虎踊(神奈川) 9日。県指定重要無形民俗文化財。約300年続く伝統芸能。境内の特設舞台で親子2頭の着ぐるみの虎が、お囃子(はやし)に合わせて曲芸や虎退治の踊りなどを披露する。横須賀市西浦賀の為朝神社。京急線浦賀駅バス約5分。(電)046・822・8484市生涯学習課

 ★吉原祇園祭(静岡) 9、10日。約350年続く祭り。悪霊や疫病退散を祈る。21台の山車の引き回しと旧吉原宿周辺の神社神輿が氏子町内を練り歩く。200以上の露店が並ぶ。富士市吉原本町通り。岳南電車吉原本町駅徒歩すぐ。(電)0545・64・3776富士山観光交流ビューロー

 ★大沢の獅子舞(栃木) 10日、14時から。町指定無形民俗文化財。無病息災などを祈願し、3匹の獅子が舞を奉納する。2頭の雄獅子が雌を取り合うユニークな動きが見どころ。那須町大沢地区の天王様。東北自動車道那須ICから約30分。(電)0287・74・7007那須歴史探訪館

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報