東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 東京情報 > 遊ぶ > 祭り

ここから本文

【祭り】

市井原獅子舞・神楽舞(千葉)

写真

 ★市井原(いちいばら)獅子舞・神楽舞(千葉) 8日。黒塗りの獅子頭をかぶった3匹の獅子が笛や太鼓、お囃子(はやし)などに合わせて雨乞いの神事を行う。続いて朱塗りの獅子頭の獅子は天の岩戸神話をもとにした神楽を奉納する。鋸南町市井原の市井原八幡神社。富津館山道路鋸南保田ICから約10分。(電)0470・55・1560町地域振興課

 ★鴨川合同祭(千葉) 8、9日。鴨川市の旧鴨川町内にある7神社の合同祭。山車3台や屋台4台、神輿(みこし)7基、市指定無形民俗文化財の担ぎ屋台が市街地を練り歩く。9日15時ごろからは山車や屋台、神輿が駅前広場に集結する。JR安房鴨川駅徒歩約15分。(電)04・7092・1909同祭本部長小柴亨さん

 ★吉祥寺秋まつり(東京) 8、9日。武蔵野八幡宮から神馬(しんめ)を先頭に宮神輿や手古(てこ)舞、市指定無形文化財のむさしのばやしなどが商店街に繰り出す。両日とも15時ごろから神輿が吉祥寺駅前に集結し、すれ違いなどのパフォーマンスを行う。武蔵野市吉祥寺東町の同八幡宮、同駅周辺。JR中央線・京王井の頭線同駅徒歩すぐ。(電)0422・23・5900市観光機構

 ★塩原温泉まつり(栃木) 9、10日。大正天皇の御即位に際し、塩原御用邸の前でお祝いしたのが始まりとされる。塩原温泉街5地区の花屋台が温泉街を練り歩く。那須塩原市塩原温泉街。JR東北新幹線那須塩原駅バス約60分。(電)0287・32・4000塩原温泉観光協会

 ★龍口寺法難会(ほうなんえ)(神奈川) 11、12日。本堂でぼたもち供養大法要を行い、難除(よ)けぼたもちまきをする。12日19時ごろからは万灯(まんとう)を掲げ、江ノ島駅から山門までを練り歩く。藤沢市片瀬の同寺。江ノ電同駅・湘南モノレール湘南江の島駅徒歩約3分。(電)0466・25・7357同寺

 ★芝大神宮例大祭<だらだら祭り>(東京) 11〜21日。11日間続くので、だらだら祭りとも呼ばれている。16日は大祭。17日は宮神輿が氏子地域を巡行する。港区芝大門、地下鉄大門駅徒歩すぐ。(電)03・3431・4802同神社

 ★タバンカ祭(茨城) 12、14日、19時から。火の粉を浴びて火難除けをする奇祭。神職たちが祈祷(きとう)を行う。白装束姿の青年たちは御神火を灯(とも)した松明(たいまつ)などを振り、境内を走り回る。下妻市大宝(だいほう)の大宝八幡宮。関東鉄道常総線大宝駅徒歩約3分。(電)0296・44・3756同神社

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報