東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 東京情報 > 食べる > 週替わりランチ > 記事

ここから本文

【週替わりランチ】

エンテツさんの大衆食堂ランチ やまだや(カツ煮定食)

写真

◆素朴な昔懐かしい味

 成増は池袋から東武東上線準急で10分ほどだが、都心とも郊外とも違う独自のカラーを感じる町だ。やまだやのある南口の商店街は一部に旧(ふる)い面影を残し、大きなビルは少ないけど派手な看板のチェーン店の激戦地という有様だから、素朴なやまだやの暖簾(のれん)と佇(たたず)まいに、ひときわひかれる。

 入り口の「酒酔い及び泥酔者の入店をお断り致します」の貼り紙にうなずき、中に入る。正面のケースには焼き魚や煮物などが並び、手書きの紙の短冊メニューがにぎやか。「うまそう」があふれている。カツ煮定食720円に目がとまる。これにヨワイ、注文。

 大きなカツ煮はグツグツ煮立ち湯気がもうもう。熱々がうれしい季節になった。小鉢の冷奴が口直しにもよいし、漬物もうまい。もちろんボリュームたっぷりで満腹。

 絶えず客が出入りする。お茶を飲んでいると、スーツ姿の若い男一人客が入って来て、慣れた様子でケースをのぞき、あじタタキ580円を頼んだ。これも新鮮でうまそうだった。

 (大衆食堂の詩人・遠藤哲夫)

◇東京都板橋区成増2の19の3 営業時間10時半〜LO20時半、土曜休み。納豆定食520円、とん汁定食650円、アジフライ定食730円など定食各種。カレーライス550円、カツ丼680円など、おかずも多品種豊富、ごはん・みそ汁270円。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】

PR情報