東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 東京情報 > 食べる > 週替わりランチ > 記事

ここから本文

【週替わりランチ】

キッチンカー 屋台のランチ ペイフォワードワールドランチ(シンガポールチキンライス)

写真

◆リピーターの多さも納得の味

 日本でも目にすることが多くなった「シンガポールチキンライス」。丸鶏をゆでるか蒸し、そのスープでご飯を炊き鶏肉をのせ、タレを付けて食べる。タイでは「カオマンガイ」と呼ばれ、南アジア各国で親しまれている料理だ。

 ペイフォワード ワールドランチは、2010年からこれ一品で勝負するキッチンカー。「アジア料理好きな友人が作ってくれて、おいしくてこれだ!って思いました」と代表の鎌田信行さん(43)。

 神奈川県でレストランを経営しているが、昼間は客足が鈍いので、都内での移動販売を考えていたときのこと。タイ人シェフを雇って作り方を学び、もやしのナムルを付けるなど自己流にアレンジ。シンガポールで定番のタレ3種(ソイ、ジンジャー、チリ)も自家製でひと工夫。ミニカップに小分けして、自由に持って行けるよう配慮。自分好みのブレンドも楽しめる。

 鶏肉はしっとりやわらか。沸騰しないくらいの温度でじっくりゆでるのがコツとか。ムネとモモ肉をバランスよくジャスミンライスにたっぷりのせ、スープも付けて700円。春巻きなどサイドメニューも人気。リピーターが多いのも納得の味だ。 (さりあ)

◆出没先は

元赤坂、神宮前、築地、芝3丁目、西麻布など。キッチンカー向けの場所のプロデュースもしている。(電)042・815・2315

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】

PR情報



ピックアップ
Recommended by