東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 東京情報 > 食べる > 週替わりランチ > 記事

ここから本文

【週替わりランチ】

キッチンカー 屋台のランチ エジプトめしコシャリ屋さん(コシャリ)

写真

◆旅先で出合った国民食

 世界のグルメが集まる東京にも、エジプト料理店は少ない。そんな中、果敢にキッチンカーで開業したのが「エジプトめしコシャリ屋さん」。今月で1周年を迎えた。

 「コシャリ」とはエジプトでは国民食とまで呼ばれる料理。ご飯の上に、トマトソース、ひよこ豆、マカロニ、フライドオニオンをのせ、よくかき混ぜて食べる。トマトソースは各種香辛料が入っているがスパイシーではなく、トマトの存在感の方が大きい。

 「おいしいのに、日本ではなかなか食べられない。自分がそれをはやらせられたら」と店主の須永司さん(34)。電機メーカーの営業マンだったが、エジプト旅行でコシャリに出合い、一念発起。退職して3日後にはエジプトへ。老舗のコシャリ店に飛び込み修業を懇願。粘り腰でOKをもらった、行動力の人だ。

 スタンダードな「コシャリ」(650円)はヘルシーで、辛くないから子どもでも食べられる。昼は肉も食べたいという声もあり、グリルチキンを加えた「コシャリランチ」(750円)も始めた。唐辛子ベースのホットソースと、さっぱりしたレモンソースは自由にかけられる。まずは基本からお試しを。 (さりあ)

◆出没先は

 西新橋、調布駅、東銀座、東大本郷キャンパスなど。公式サイトでその他出店情報を掲載。(電)070・2806・1342

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】

PR情報