東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 東京情報 > 食べる > 週替わりランチ > 記事

ここから本文

【週替わりランチ】

大衆食堂ランチ ほかり食堂(おかず3品付き日替わり定食)

写真

◆くつろいだ雰囲気 多彩な客

 いまでは珍しい風景だろう、西武池袋線石神井公園駅から都立石神井公園へ向かう商店街の途中には、数十メートルのあいだに2軒、昭和の風情の食堂が並んでいる。1軒は今回のほかり食堂であり、もう1軒は後日登場願いたい中華と洋食の辰巳軒だ。

 ほかり食堂の外観はリニューアルされ、看板の文字などに個性が際立っているが、比較的大きめの店内は昔の木の造りをよく残している。とくに小上がりの板の間が懐かしくうれしい。そこに腰をすえ、たくさんのメニューから、おかず3品付き日替わり定食を選んだ。とんかつと目玉焼きときんぴらごぼう、漬物とみそ汁で650円。自分で作ったらこれだけ揃(そろ)えるのに手間のかかる、うまくて十分なおかずに大満足。

 どのテーブルでもくつろいだ雰囲気のなか、制服姿の高校生らしい男女がいた。町の食堂ならではの感じに、ほおがゆるむ。若者だけ、おじさんだけ、というのではなく、いろいろな人が交差する食堂には町の物語がある。それも、いい食事の条件だ。

 (大衆食堂の詩人、遠藤哲夫)

◇東京都練馬区石神井町3の16の18 営業時間 11時30分〜15時 17〜21時 火曜休み。とんかつ定食750円など定食各種、カレーライス500円ほか丼物。焼き魚各種400円、さばの味噌煮450円などおかず豊富。麺類はラーメン400円、たぬきうどん500円など。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】

PR情報



ピックアップ
Recommended by