東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 東京情報 > 食べる > 週替わりランチ > 記事

ここから本文

【週替わりランチ】

キッチンカー 屋台のランチ コンフィコンフィ(コンフィライス)

写真

◆焼きたて鶏の仏料理

 はじける油と焼き音、漂う香りもおいしく、食欲をかき立てる。「コンフィコンフィ」は、フランス料理のコンフィをアレンジした「コンフィライス」の専門店。コンフィとは、かつては保存を目的とした伝統的な調理法で、肉類なら油脂を使って低温で煮るもの。こちらでは鶏モモ肉を塩漬けして一晩寝かし、塩気を取ってからラードでじっくり煮込む。提供する直前に車内で焼くので、ジューシーな上に、皮はパリッと香ばしい。

 店主の若井俊也さん(48)は仏料理店に勤務後、27歳で修業のため渡仏。出会ったコンフィのおいしさが忘れられず「仏料理は高いイメージだけど日常の食べ物だと広めたい」思いから、ライスと合わせた「コンフィライス」を考えた。開業は2012年。給食運営会社に勤務しつつ土日のみ営業。14年から専業に。

 少し辛い「ディアブルソース」やパクチーとスイートチリ入りの「パクチリソース」など5種用意しているソースの中で一番人気は「トマトソース」(650円)。フレッシュトマトの下にはとろけるチーズも隠れている。付け合わせの野菜もバランスよく、女性客の心をつかみ、リピーターを増やしている。 (さりあ)

◆出没先は

 五反田ふれあい水辺広場、赤坂、東銀座、淡路町、成蹊大学、二松学舎大学など。(電)090・2480・8284

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報



ピックアップ
Recommended by